Requires a javascript capable browser.

外装リフォーム専門店のガイソー横浜店

横浜店

0120-973-637 ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 資料請求 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 知っておこう!2回目以降の塗装での注意点
外壁・屋根
リフォームコラム

知っておこう!2回目以降の塗装での注意点

2021年09月05日

 外壁や屋根を塗装しても、長くても10~15年前後経過すると再塗装が必要になります。

また使用した塗料の種類や施工品質によっては、わずか数年で再塗装が必要になってしまうこともあります。
1回目の塗装が失敗だったという場合には、次はその経験を活かして後悔しない様にしたいものです。

しかし2回目以降の塗装では、1回目の塗装の時よりも難しい決断を迫られることが少なくありません。
そこで本記事では、2回目以降の塗装を行う際に知っておくべき点についてご紹介します。

2回目以降の外壁・屋根塗装が必要な時期

2回目以降の外壁・屋根塗装が必要な時期は、前回の塗装で使用した塗料のグレードや施工品質、立地条件、周辺環境、住まいの耐久性などによって異なります。
耐久性の高いフッ素塗料を使って塗装した場合には15~20年後、シリコン塗料の場合は10~13年後、そしてウレタン塗料の場合には7~10年後が一般的な塗り替え時期の目安とされています。

ただしあくまでも正しく施工が行われた場合で、施工ミスや手抜き工事があった場合には、もっと早い時期に塗り替えが必要になります。

また外壁よりも屋根の方が紫外線の影響を受けやすいため、一般的に塗り替え周期が短くなります。

したがって屋根には外壁よりも耐久性の高い塗料を使用しておくと、同じ時期に次の塗り替えが必要になるため、足場代を節約できてメンテナンスコストの削減につながるといえます。

さらに建物の立地条件や周辺環境によっても塗膜の劣化速度が変わってくるので、塗料の耐久性に関わらずチョーキング(塗料の顔料が粉状になって塗膜の表面に現れる現象)やひび割れ、塗膜の浮き、はがれなどが見られる様になったら、早急に再塗装を検討しなければいけません。

2回目以降の外壁・屋根塗装の注意点

2回目以降の外壁・屋根の塗装工事では、1回目の工事でかかった費用を参考に計画する方が多いと思います。
塗装面積も塗料のグレードも同じであれば、施工費用も変わらないと考えるのが自然です。

しかし2回目以降の塗装の際には、同じ塗料を使用しても1回目よりも費用がかさんでしまうことが少なくありません。

また、1回目の塗装工事に使用した塗料と異なる塗料を使用する場合にも注意が必要になります。

それらの理由は以下の通りです。

■建物の劣化が進行している

築10年目に外壁・屋根の塗装工事を行っても、新築当時の状態にまで戻せたわけではありません。
塗装はあくまでも外壁や屋根の劣化を防ぐためのメンテナンスとしての役割を持つに過ぎず、決して新築当時の状態にまで回復させるものではないためです。

すなわち、経年によりダメージを受けた箇所を補修して、劣化の進行を遅らせることが外壁・屋根塗装工事の目的といえます。

そして中には、前回は塗装するだけで補修できたことでも、2回目以降の工事では張り替えや交換が必要になってしまうこともあります。

したがって、2回目以降の塗装工事は、必ずしも1回目と同じ価格で行える訳ではありません。
どんな建物でも劣化は少しずつ進行しているため、塗装費用も経年劣化の進行具合と共に変化します。

■2回目以降に使用できる塗料は1回目に使用した塗料の影響を受ける

2回目以降に使用する塗料は、前回使用した塗料によっては塗膜の膨れや剥がれなどの不具合を引き起こすことがあります。

たとえば前回使用した水性塗料(主成分が水で希釈にも水を使う塗料)の上に、今回新たに溶剤系塗料(油性塗料)を塗り重ねると、溶剤(シンナーなど)が水性塗膜を侵して膨れやしわが発生してしまう恐れがあります。

また、前回フッ素塗料や光触媒塗料などを使用した場合には、これらの塗料は非粘着性があるため、新たな塗料が付着しにくくなってしまいます。

したがって、この場合には同じ性質を持つ塗料での塗り替えが必要になります。
この様に塗料の相性が悪いと様々な不具合が生じてしまう様になるので、2回目以降の外壁・屋根の塗装工事では塗料同士の相性に注意が必要です。

経年劣化が著しい場合の対処法とは?

2回目以降の外壁・屋根の塗り替え工事の際には、住まい全体を見直す良い機会になります。
少なくとも築20年以上は経過していると思われるので、外壁や屋根以外にも各所で経年劣化が目立つ様になる頃です。
今後どれくらい住むつもりなのか、そのためにはあと何回塗り替えが必要になるのかをよく検討することが大切です。
そしてこの先補修工事に費用がかさむようであれば、将来のことを考えてカバー工法という選択肢があります。

外壁モルタル壁が吸水しやすくなって塗装しても数年後にはカビやコケが付着するようになった、地震や凍害の影響で外壁のひび割れが目立つ様になった、屋根のスレート瓦に反りやひび割れが発生しているなどといった場合には、塗り替え以外の方法を検討してみましょう。
そのひとつがカバー工法です。

カバー工法とは重ね張り・重ね葺きのことで、既存の外壁や屋根材の上に、新しい外壁材や屋根材を被せて張る工法です。
住みながらの施工が可能で、張り替えと違って既存の外壁や屋根材を撤去する必要もありません。

また軽量な金属製のサイディングや屋根材を使用することで、構造躯体に負担をかけることも少なく、一定の耐震性を確保することができます。

さらに住まいの断熱性・遮音性が向上するという付加価値もあります。
ただしガルバリウム鋼板やアルミなど素材の選択肢が限られ、既存の瓦屋根には施工できないなどといったデメリットもあるので、事前にメリットとデメリットを良く検討した上で決めることが大切です。

まとめ

1回目の経験を活かして2回目の塗り替えはスムーズに、とお考えの方が多いのではないでしょうか。

そして2回目以降の外壁・屋根の塗り替え工事を検討中であれば、住まい全体を見直すちょうど良い機会といえます。

またエアコンや給湯器などの設備機器も交換が必要な時期になるので、これらを撤去することで普段は隠れて見えない部分まで塗装することができる様になります。

しかし2回目以降の塗装工事では、1回目の塗装工事で使用した塗料によっては使用できない塗料もあるので、塗料選定が益々重要になります。

したがって2回目以降の塗装工事は、より慎重に検討しなければなりません。

また外壁や屋根を単に塗り替えるだけでなく、将来を見通してカバー工法によるリフォームも選択肢のひとつとして考えられる様になるので、こういったアドバイスができる業者に相談することが大切です。


メール相談 まずは相談という方はコチラ! お気軽にお問い合わせください!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!